So-net無料ブログ作成

第05回 臨床検査技師国家試験、臨床検査総論Ⅱ [第05回臨床検査技師国家試験]

(臨床検査総論Ⅱ05-01)次のうち正しいものはどれか。


 1.血液学的検査のため耳朶採血は圧迫をくり返しながら採血する。
 2.血液学的検査のための指頭からの採血では最初の1滴目を検査に用いる。
 3.生化学的検査のための採血は一般に食後2時間以内のものがよい。
 4.感染の危険ある患者の採血にはなるべく、ディスポーザブル器具を使用した方がよい。
 5.細菌学的検査のための採血には必ずしも滅菌容器を必要としない。

答え、4

(臨床検査総論Ⅱ05-02)静脈採血について誤っているものはどれか。


 1.駆血帯は橈骨動脈の脈拍が触れない程度に強くしめる。
 2.採血の部位は通常70%エタノールでよく消毒する。
 3.検査の目的で採血する場合には静脈用注射針を用いる。
 4.注射針は駆血帯を解いてから抜く。
 5.創口を、直ちにエタノール綿でおさえる。

答え、1

(臨床検査総論Ⅱ05-03)低比重尿で最も破壊しやすいものはどれか。


 1.白血球
 2.扁平上皮細胞
 3.円形上皮細胞
 4.赤血球
 5.円柱

答え、4


(臨床検査総論Ⅱ05-04)髄液の細胞数算定に用いられている試薬はどれか。


 1.シュレジンガー液
 2.サムソン液
 3.ギムザ液
 4.ソモジー液
 5.エスバッハ液

答え、2


(臨床検査総論Ⅱ05-05)塩化ナトリウムの0.1mol液500ml調整するには、何gを秤量したらよいか。ただし分子量は58.44である。


 1.58.44g
 2.5.844g
 3.29.22g
 4.2.922g
 5.1.461g

答え、4



(臨床検査総論Ⅱ05-06)臨床検査技師について二つとも誤っている組み合わせなどれか。


a 臨床検査技師でないものは、臨床検査技師の名称を用いてはならない。
b 職務上知り得た秘密を守るべき義務が、その身分法に規定されている。
c 法令で定める生理学的検査であれば診療の補助でなくとも行うことができる。
d 検査のための採血を独立して業として行うことができる。
e 臨床検査技師の信用を傷つけるような行為をしてはならない。

 1.aとb
 2.bとc
 3.cとd
 4.dとe
 5.1~4いずれでもない

答え、3

(臨床検査総論Ⅱ05-07)登録衛生検査所について誤っているものはいくつあるか。


a 登録衛生検査所とは、生理学的検査のみ行うところである。
b 法令に定める登録基準の要件を具備したものは、都道府県知事の登録を受けることができる。
c 登録基準の要件は、登録を受けるときだけでなく登録後も引き続き具備しなければならない。
d 管理者は臨床検査技師でなければならない。
e 都道府県知事は登録衛生検査所の開設者に対し必要な指示をすることができる。

 1.なし
 2.一つ
 3.二つ
 4.三つ
 5.五つ

答え、3


(臨床検査総論Ⅱ05-08)カフェイン法による胃液検査において臨床検査技師が行ってもよいものはどれか。


 1.胃液検査の指示
 2.鼻腔ゾンデの挿入
 3.カフェインの注入
 4.胃液の採取
 5.胃液酸度の測定

答え、5


(臨床検査総論Ⅱ05-09)次の採血行為のうち臨床検査技師が行ってならないものはどれか。


 1.指頭からの採血
 2.股動脈からの採血
 3.肘静脈からの採血
 4.耳朶からの採血
 5.足背の表在静脈からの採血

答え、2

(臨床検査総論Ⅱ05-10)次の『 』にはいる正しい組み合わせはどれか。


臨床検査技師または衛生検査技師は、本籍地都道府県名、氏名、生年月日および性別に変更を生じたときは、『a 』以内に名簿の訂正を申請しなければならない。なを、申請書には、申請の原因たる事実を証する書類を添え『b 』の『c 』を経由して、これを厚生大臣に提出しなければならない。

a
ア、7日
イ、15日
ウ、30日

b
ア、住所地
イ、勤務地
ウ、本籍地

c
ア、保健所
イ、都道府県知事
ウ、市町村

 1.アーイーウ
 2.ウーアーイ
 3.アーアーイ
 4.ウーイーア
 5.イーウーア

答え、2

nice!(2)  コメント(0)