So-net無料ブログ作成

第63回 臨床検査技師国家試験、軸索変性、複合活動電位、特長 [第63回臨床検査技師国家試験]

(臨床生理学63AM25)軸索変性時の複合活動電位の変化として特長的なのはどれか。


 1.多相化

 2.振幅の低下

 3.持続時間の延長

 4.伝導速度の低下

 5.被刺激閾値の上昇















答え、2












筋電図ー疾患



(臨床生理学63AM25)軸索変性時の複合活動電位の変化として特長的なのはどれか。

 1.多相化
 2.振幅の低下
 3.持続時間の延長
 4.伝導速度の低下
 5.被刺激閾値の上昇

答え、2

(臨床生理学62AM28)末梢神経の誘発筋電図で正しいのはどれか。2つ選べ。

 1.重症筋無力症では運動神経の伝導ブロックを呈する。
 2.Guillain-Barré症候群では運動神経伝達速度が低下する。
 3.反復刺激検査は筋委縮性側索硬化症の確定診断に用いる。
 4.Lambert-Eaton症候群では反復刺激で漸増現象がみられる。
 5.感覚神経伝導検査の測定には複合筋活動電位(CMAP)を用いる。

答え、2、4


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント